2005年 09月 10日
若手のベテランのようですが…。
前回の一戦はBSで観ていたのですが、数分遅れて観だしたら、すでにアルパイはご不在。
続いて、シミュレーション脱臼、ネネ赤紙、その後の奮闘むなしく…、となり、個人的には、序盤戦でもっとも印象に残ったゲームとなりました。

あの時の悔しさは、今でも忘れることができません。

お互いに状況は変わっていますが、やはり、あの時の借りは返さなければなりません。

ただ、むこうは、かなり気合が入っているようで、いきなり前がかりにこられて、得意の早い時間帯での失点、なんてことには、ならないようにしてください。
最近監督が変わったチームは、どこも調子がいいようですから。

ところでこの人、いつから監督やってるんでしょう?監督暦の最初のほうは、地ガキのサッカーチームですか?
[PR]

by crash634 | 2005-09-10 09:40 | 浦和レッズ


<< こうなったら他力本願です。      寧々さんお久しぶりです。 >>