2006年 10月 22日
瓦斯大爆発!
昨日のサンスポ関西版によると、アウェー瓦斯戦は、ガンバにとって鬼門らしく、密かに期待してました。

ところが、前半の東京ひどすぎ。攻めるのは遅いわ、すぐ中盤で失うわで、虐殺の雰囲気も醸し出していました。

しかし、バンドがいなくなった頃から、急に生き返りました。
というか、平山がいなくなってから?

終盤の、瓦斯の念仏の様な歌が、心地よかったです…。

ご支援頂き、ありがとうございました。


また、おかげさまで、サンガが最下位になりました。

来シーズンの西京極が、どんどん霞んでいきます…。
[PR]

by crash634 | 2006-10-22 16:59 | サッカー全般


<< 早野より西野      特急は止まりません。 >>