2007年 10月 21日
60分しかもたないけれど 千葉戦
昨日は、バックでスタンディングの不良中高年サポに混じって、諸般の事情により、おとなしく、すわって観戦してました。

で、緩衝帯が、開場後に、移動するところを初めてみました。
最初に、2階席の緩衝帯がなくなって、続いて、1階席の緩衝帯が縮小…。
チケットの販売枚数ミスとは思えませんので、また、何かやらかしました?
お行儀よくしましょうね。特に他所様では。
まぁ、元々の席割りが???でしたけどね。

ゲームのほうは、久々に長谷部の日でした。シエナの人が来てたんですか?
あと、ワシントンの鼻血がすごかったですね。現地では、まったく分かりませんでしたが。
量産モードに入ってきましたし、大事に至らないことを祈ります。

後半、3点目が入ったときは、一瞬、ジェフサポの説教が目に浮かびましたが、そうは問屋が卸しませんでした。一気に、モードが切り替わってしまい、山岸の幻のゴールの時は、ちゃぶ台をひっくり返しそうになりました…。
やっぱり、決められる時に、決めておきましょう。

あと、小池くんの消えっぷりは、お休みの先輩の代役としては十分でした…。

残念ながら、福有神社には参拝できませんでしたが、その甲斐あってか、無事、勝ち点3を持ち帰ることができ、今回も、心地よい遠征となりました。

皆様、ありがとうございました。


で、最後に思ったこと。

やっぱり、関西は、サッカー不毛の地だと言うこと。
昨日みたいに、両方のサポが熱いと、盛り上がります。
サンガとかセレッソは、見てるこっちが悲しくなるし、ガンバは何かが違うし…。

関東アウェーが、ただただうらやましす、です。
[PR]

by crash634 | 2007-10-21 10:20 | 浦和レッズ


<< 何のフラグ? その2      初勝利おめ 千葉戦 >>