「ほっ」と。キャンペーン
2008年 02月 08日
決断の時
重慶と言うと、何年か前の爺古に対する大ブーイングしか思い出せませんが、今回は、ウチの二人が、置いてけぼりをくらったそうで。
つか、置いてけぼりをくらったのはウチの二人だけですか…。

まぁ、クラブ的には非常にありがたい話ですので、高原については、オジェック再生工場@グアムで、生まれ変わってくれることを期待しています。
そんな工場、どこにもないか…。

それにしても、坪井は大きな決断をしたようです。
無念かもしれませんが、決断したからには、浦和に専念していただき、いつの日か、あの意味のないオーバーラップが、実を結ぶことを祈っています。

ガンガレ。


〓634〓
[PR]

by crash634 | 2008-02-08 22:11 | 浦和レッズ


<< DVDの代わりにフィッシング      対タイランド >>