「ほっ」と。キャンペーン
2008年 09月 29日
彼に逢えなかった… 名古屋遠征記
今まで、瑞穂も豊スタも、クルマでしか行ったことがなかったんですが、今回は、のんびりと各停で行くことにしました。

で、とりあえず、金山で下車すると、駅前に黒山の人だかりが…。

d0029347_1055376.jpg

セルのサイン会でもやってるのかと思って近づいてみると、あのDAIGOの握手会でした。
こんなに人呼べるんなら、次の選挙に出ればいいのに。

握手会開始までかなり時間があったので、さっさとあきらめて(時間があったら握手したんかい)、第一の目的地大須へ。

創業明治35年らしい大須寶寿司で、このおじさんこのおじさんたちと合流して、前祝い。

d0029347_1034630.jpg

看板メニューの焼きあなご寿司は、評判通りのお味でした。
ただ、さすが創業明治35年の店らしく、客層が70禁って感じで、埼スタでは高齢な部類に属する我々が、最若の客となりました。

その後、数軒隣の店に移動して、このおじさんと合流。

d0029347_1044030.jpg

こっちは、名古屋モード全開の店でした。

で、そこそこいい時間になったので、地下鉄で瑞穂に向い、いつもお世話になってる方々と合流。

今回の遠征は、残念ながら日帰りなので、ゲーム終了後即ダッシュができるように、出口の近くに着陣。

d0029347_1052725.jpg

ゲームの方は、好ゲームと言うほどでもなく、はたまた凡戦と言うほどでもない、まさに、お疲れ同士の精一杯の戦いって感じでした。
まぁ、過去三戦のことを思えば、ウチの方は随分と頑張ったものです、と前向きに取らえます(無理やり)。

d0029347_1062670.jpg

で、終了のホイッスルと同時に、地下鉄の駅にダッシュ。
思いのほか順調に行きすぎたので、名古屋駅に早く着きすぎて、時間を持て余してしまいました。

赤と赤、それにドラゴンズが交差する名古屋駅(なぜかカープもいましたが)、まさに人種の坩堝を見た思いでした(意味不明)。

で、帰りの車中で思い出したのですが、今回は、グランパス君に逢うのを忘れてました…。
痛恨の極み。

最後の最後で、ひこ星になった気分の名古屋遠征でした。


〓634〓
[PR]

by crash634 | 2008-09-29 10:27 | 浦和レッズ


<< 好機到来…      久しぶりの瑞穂です。 >>